WEB制作に関わる人たち

WEB制作に関わる人たち

在宅で仕事がしたい!

Webデザイナーになりたい!

WEB制作にはたくさんの人が関わり、いろんな役割を担って作り上げていきます。

この記事でわかること
  • WEB制作に関わる職種はどんなものがあるのか
  • 注意
    こちらで紹介してる職種は、会社によって呼び名が違ったり複数の職種の仕事を兼務していたりします。
    またスマホアプリケーションプログラマーなどWebサイト制作とは異なる職種は除外しています。

    Web制作の流れ

    STEP.1
    企画
    Webディレクターがクライアントからヒアリングをして意見をまとめます。
    ワイヤーフレーム・サイトマップの作成はこの段階で行います。
    クライアントとWebデザイナーの意見をまとめる重要な役割の職種となります。
    Web制作全体の舵取りをします。

    プランナーの提案した内容の実現可否や工数を瞬時に判断し、webデザイナーやコーダーに指示を行います。

    無事に納品をされるまでのスケジュール・制作内容・仕様・見積りなど様々なことを視野に入れながら進めていきます。

    STEP.2
    デザイン
    Webディレクターの指示のもと、デザインを作成します。
    Webディレクターの指示のもと、デザインを作成します。
    デザインという名称の職種ですが、絵が書けなくても、洗練されたセンスがなくても大丈夫です。
    現に私も美術は苦手で、センスはゼロに等しいかもしれません。笑

    Webデザイナーのスキルは慣れることで培っていく感覚のほうが大きいです。

    こんな人におススメ
    今は昔に比べてコーディングまでを、デザイナーがおこなうことが多くなってきているので、HTML/CSSの知識があると有利です。
    STEP.3
    コーディング
    Webデザイナーが設計したデザインに基づき、動作できる形に仕上げていきます。

    Webデザイナーが設計したデザインに基づき、動作できる形に仕上げていくのがコーダーのお仕事になります。
    その過程で使うのは主にHTMLとCSSです。
    最近ではコーダーのお仕事をWebデザイナーが、デザインからそのまま一貫して行うことが多くなったように思います。

    今は自動でコーディングできるツールもありますが、やっぱりレイアウトの微妙な調整や難しいことを要求された場合には人の対応になると思っています。

    STEP.4
    プログラミング
    動きのあるサイトを制作したい。という理由からjQueryを用いることが近年増えています。
    Webサイトのシステムを構築する職種のエンジニアには、フロントエンドとバックエンドの2種類がいます。
    プログラミング言語を駆使してサーバーに入っているシステムを作り、整備していく職種になります。

    目に見えない内部の処理を中心に扱う、とても専門性の高い職種になります。

    Webと連携して、スマホのアプリなどを作成する場合、プログラマーの力が絶大になってきます。

    JavaやJavaScript、それにRubyやPerlなどといった多岐に渡る言語を、対象とするシステムの性質に応じて適切なものを選択していきます。

    コーダーがHTMLやjQueryを勉強し、もっと深く学びたい。という理由からエンジニアにステップアップすることがあります。

    他にもWEB制作には以下のような職種が関わっています。

    • Webプロデューサー
    • バックエンドエンジニア
    • Webプランナー
    • ライター
    • フォトグラファー
    • イラストレーター
    • マーケター

    Information

    Webデザイナーを目指す受講生さんへの説明用にご案内しているページです。

    注意
    この内容が理解できない場合、スクールのカリキュラムについていけずに挫折する可能性が高いです。
    これからスクールに通おうと思っている方は一読ください。